高血圧とは何か?高血圧になる基準とは何か?なぜ高血圧になるのか?高血圧の治療法は何か?高血圧の予防方法は何か?などの情報をまとめておりますのでご活用ください。きっとあなたの生活の役に立ちます。

自分で血圧を測定する人

高血圧は血圧の値を見て判断する病気です。
では高血圧の判断基準としてはどういった数値が用いられるのかというと、ボーダーラインになるのは最高血圧140~159mmHg、最低血圧が90~99mmHgです。
このボーダーラインの範囲内にあるのであれば、その人は「高血圧ではあるものの軽度な状況」としてグレード1に分類されます。
これよりも少し数値が高くなり、最高血圧160~179mmHg、最低血圧100~109mmHgで中程度のグレード2、最高血圧が180mmHg以上で最低血圧も110mmHg以上となってくると重症のグレード3となります。
ただグレード1に到達していないから安心なのかと言われるとそうではなく、最高血圧130~139mmHg、最低血圧85~89mmHgの範囲内にある場合は「正常高値血圧」となり、今後血圧管理が必要だと判断されるようになります。
従って血圧に関しては最高血圧で130未満、最低血圧で85未満というのが最も好ましい値であるということになるわけです。
ただある一日だけ基準値を超えたという場合であっても、それはその日の体調に左右されている可能性がありますので断定をすることはできません。
その後数日間継続して血圧値を測って、常に基準を超えているのであれば病院で検査を受けるのがベストです。
また自分の血圧の数値がどういった分類になるにせよ、正常高値血圧を超えているのであれば状況に応じて病院に行って治療をしてもらうように心がけましょう。
治療としては、血圧を下げるお薬を服用することや食事では塩分を控えることなどに気をつけなければなりません。

まずは生活習慣の見直しをし、血圧を下げる効果のある食材などを摂りいれて改善してみましょう。
また、生活習慣で改善できないようであれば、高血圧症のお薬で改善することもできます。
高血圧のお薬としてロサルタンがありますが、このお薬は持続性があるので1日1回の服用で血圧を適正な数値にすることができます。
また、ロサルタンは心臓病や腎臓病などにも有効とされていますが、服用の際には必ず医師の指示のもと服用してください。
高血圧症のお薬はロサルタンだけではなく、アダラートやノルバスクなど数種類あるので自分の血圧や体質などを医師に相談してお薬を決められるとよろしいです。
自分の血圧に関しては健康診断で毎回チェックしてもらうことが出来ますし、健康診断以外では血圧計を使えば簡単に判断できるようになっています。
血圧計もそこまで高価な品物ではありませんから、一つ家に置いておいて日常の健康管理に役立てると良いでしょう。

記事一覧
血圧測定器
話している医者
血圧を測定される人
女性の医者