高血圧とは何か?高血圧になる基準とは何か?なぜ高血圧になるのか?高血圧の治療法は何か?高血圧の予防方法は何か?などの情報をまとめておりますのでご活用ください。きっとあなたの生活の役に立ちます。

  • ホーム
  • 生活習慣の乱れから高血圧に

生活習慣の乱れから高血圧に

女性の医者

高血圧は、数ある病気の中で最も自覚症状が無いと言われています。
自覚症状が無いまま悪化し続け、ある日突然命を落としたり、合併症が引き起こされるのです。
そのため、健康診断などで高血圧という診断を受けた際には、具体的な症状と生じる可能性のある合併症について理解しておく必要があります。
最も自覚症状が無いと言われているものの、全く前兆が無いわけではありません。
注意深く観察していると、わずかな変化に気付くことができると言われています。
最も有名なのが、耳鳴りをはじめ頭痛や痺れ、肩こりや目眩が挙げられます。
加えて、動悸や胸痛、むくみや呼吸困難に見舞われる恐れもあります。
呼吸困難や動悸、むくみや胸痛が生じた時には、かなり症状が進んでいると考えて間違いありません。

しかし、注意点があります。
それは、これらの症状が高血圧が起因となる症状ではなく、高血圧により生じた病気ということです。
つまり、高血圧になった時点で、高血圧の恐ろしさと共に合併症の恐ろしさにも見舞われることになるのです。
引き起こされる合併症には複数あります。
こうした合併症が引き起こされてしまうのは、血管に通常よりも圧力がかかってしまうためです。
高血圧になると、血管が著しく硬化してしまいます。
硬化した血管に血液を流すということは、心臓に大きな負担をかけることになります。
負担を感じた心臓というのは、鍛えられて筋肉が強く大きくなります。
鍛えられて大きくなった心臓は、心肥大という病気に陥ってしまい、心室性不整脈や心筋梗塞、狭心症といった重病に見舞われるリスクが極めて高くなります。
また、脳の血管も硬くなるので、脳梗塞に陥るリスクも高まることを覚えておきましょう。

関連記事